-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-01-04 15:29 | カテゴリ:日常
今日も夢の話をします。

今朝は父の夢を見ました。
亡くなってから2回目の夢です。

母、父、私の順番で横に並んでバスに乗っていました。
母には隣に父が乗っているのは見えません。
他の乗客(親族)にも見えません。

父は穏やかな顔をして、生きているときの姿そのままでした。

 「身体、もう大丈夫?」と聞いたら
 「まだ、ここが少し痛い。」と手を当てて教えてくれました。

バスが走る中、いろいろな風景が目に入ってきて、父が隣にいる安心感がありました。

それから、日常的な話をしました。

バスを降りたときには、父はもういなくなっていました。
母に父が隣に座っていて、私と話をしたことを伝えました。



目が覚めて、夢のことを考えていたら、視界の上がピカッと光りました。
父がいるのがわかりました。

夢の中で優しく映る父の顔を見て、旅立つ準備ができていることを感じました。
切なさが少し解けました。

父と会えて、幸せな時間でした。

走るバスは魂の旅路を教えてくれたように思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。