-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-04-16 14:19 | カテゴリ:
sakura2.jpg

弘前公園の前を通る度、桜の開花がとても待ち遠しいです♪
どうしてこれほどまで「桜」は人の心を魅了するのでしょうか・・・
最近知ったお話を書きます。

それは、「桜の花びらの一枚一枚に幸せがギューッと詰まっている」からです。

「さくら」の「さ」は「幸」を表します。
「幸」を流す神様は山にいて、春になると里に降りてきます。
その神様のことを、「サの神」「サ神」と呼び、「サの神」が降りて来るのを
知らせてくれるのが、「桜」→桜が咲く、なのだそうです。

お花見は、幸を運ぶ「サの神」が里に降りてきてくれたことの感謝や、
秋に受け取るであろう恵み(収穫)に感謝しての「神事」なのだそうです。
桜の木を神様に来ていただく臨時の依り代としてそこにみんなが集まります。

「サの神」はみんなに分けるために持ってきた「幸」を一時的に
桜の花びらに閉じ込めます。
そして、みんなに早く幸せを届けるために桜は散り急ぐそうです。


「サの神」からいただく「幸」に感謝ですね。
私たちはこんなにも愛されています。
集い語らい唄い、飲み食を味わい、お花見を楽しみましょう *(^-^)*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。