-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-08-16 11:46 | カテゴリ:日常
お盆は2日ほど帰省してました。
昨日朝に帰ってきて、仕事を始めてました。

13日、父が帰ってきてるような気配を家族で感じました。
食卓に父がいるようで、家族で父を偲びました。

父といた時間が昨日のことのようで、無性に寂しくなります。
時折、父からメッセージが届き、そういう時は、子供をお祝い
する日だったり・・・案じて見守ってくれているのがわかります。


今日16日は盆明けで夕方に火を焚いて(送り火)、
先祖の霊を帰す日で、実家でもずっと続けてきてます。

毎年見ていながら、意味を探っていなかったものに、
「精霊馬」(しょうりょううま)というものがあります。
キュウリとナスに割り箸を刺して立てたもの。
キュウリは馬に見立てて、お盆のときに先祖の霊を
迎えるに際して、少しでも早くやってきて欲しいと、
馬で迎えるそうです。
お盆が終わって先祖を送るときは、名残惜しんでゆっくり送り出す
ためナスを牛に見立てて、牛で帰すそうです。


実家では蝉が鳴いているなーと思っていたら、
昨晩はコオロギが鳴いていました。
イチョウの葉が落ちていたり、トンボも飛んでいます。
かすかな秋の気配を感じています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。