-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-09-01 23:43 | カテゴリ:スピリチュアル
今日は友人の命日です。
1年経った今も、彼女との時間が昨日のことのように
思い出されます。

同じ職場だった彼女とは、本当に楽しい時間を
一緒に過ごしました。
主人との縁も彼女のお蔭で、彼女がいなかったら、
顔見知りというだけで別々の人生を歩んでいました。
こうして家族が持てたのも彼女のお蔭です。

彼女とは洋裁の趣味が一緒でした。
作品を見せ合ったり、生地や材料の情報交換をしたり、
彼女にリュックや髪飾りのオーダーをしたことも
ありました。
独特のセンスを持ち、雑誌にも掲載されていた彼女です。

亡くなってから一度彼女からメッセージが送られてきました。
半睡眠状態の時、彼女の声がして、映像が映し出されました。
はっきりと、生前の彼女の声のまま、明るく元気な姿で
話してくるのです。

作った作品をたくさん見せてくれました。
2段の生地がかかった台にかわいい小花柄の生地で
ポーチやティッシュケースとか小物が並べられていました。

私は彼女に会えた感動で嬉しくてたまりません。
それまで、切ない気持ちで送っていて、現実を
咀嚼できないでいました。
死とはどういうことを意味するのかがわかっていても
現実と向き合うのは時間が要するものです。

彼女は私の心を楽にしてくれました。
気がかりでいたのですね・・・
愛情を送ってくれた彼女に心から感謝をしています。

彼女が元気でむこうで好きなことを続けているのを見て、
心が穏やかになりました。
彼女に心配をかけてはいけないという気持ちになりました。

生きている人間がくよくよせず元気で明るく生きているのが
亡くなった人を安心させることだといいます。

彼女が送ってくれたメッセージは心の支えとなり、
宝として生きています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。